SOBANOMI~蕎麦呑み~

蕎麦屋de食べ歩き、日本酒呑み歩き&時々その他的忘備録

目黒 川せみ "秋せみ蕎麦"は"きの子と豚バラ肉つけ汁蕎麦"でした(^^♪

あ!そう言えば、
もう秋なんだから『秋せみ蕎麦』よね~♪
今年はどんな感じなのかな~♡
と胸躍らせて、いざ『川せみ』さんへ❣

ご近所ですのに、
コロナ禍にあっても相変わらず繁盛してらっしゃるので、
”サクっと呑み”使いは難しく、
逆にすっかり足が遠のいてしまった感じ(;^_^A

f:id:zi0-saito:20200918042544j:plain
今日はちょいと一杯♪のつもりなので大幅に時間をずらし、
暖簾を潜りましたのは平日午後の2時ちょっと前。

f:id:zi0-saito:20200918043104j:plain
先客はカウンター席に1人×3=3人だけですが、
コロナ対策でひとつ置きに席を空けている所為で、
店内中程の2人掛けテーブルに案内されて、

f:id:zi0-saito:20200918043132j:plain
すかさず出して頂いた
冷たい麦茶を啜ってホッと一息(*^。^*)

先ずは熱燗を1本お願いして~、

f:id:zi0-saito:20200918043042j:plain
ナニナニ(・・?『秋せみ蕎麦』は~、
”きの子と豚バラ肉つけ汁蕎麦”かぁ♪
アツアツのつけ汁で”はふはふ”やりたいわね( *´艸`)

f:id:zi0-saito:20200918043156j:plain
平日お昼用の燗酒は秋田の『高清水』。
どこか懐かしい旨口で気分も和らぐわ~( *´艸`)

f:id:zi0-saito:20200918043248j:plain
それ程待たされることもなく、
”サービスご飯”、”つけ汁”と順に運ばれて来て、

f:id:zi0-saito:20200918043315j:plain
最後にキリッ♪と〆られたお蕎麦のご登場(*'▽')

瑞々しいハリの良さと、
不揃いのないエッジの立った凛々しい顔立ちは相変わらず(*'▽')

f:id:zi0-saito:20200918043418j:plain
手繰り寄せて啜り上げてみますと、
しなやかな歯応えと共に
”夏新”らしい爽やかでミネラル豊富な風味も、
そこそこ愉しめるようになったかな~(*´▽`*)

f:id:zi0-saito:20200918043451j:plain
香るお出汁に、
豚肉の旨味とキノコのエキスが溶け込んだ滋味深いつけ汁と、
ミネラル満載なお蕎麦との相性が堪らなく魅力的❣( *´艸`)

f:id:zi0-saito:20200918043506j:plain
”つけ汁”の具を”サービスご飯”に載せて、
”即席豚丼”にしてもイケルイケル♪( *´艸`)

f:id:zi0-saito:20200918043530j:plain
そば湯はちょこっとだけとろみを付けたタイプで、
別に用意してくれた蕎麦猪口でつけ汁を割って
と~っても美味しく〆させて頂きました(*´▽`*)


川せみそば(蕎麦) / 目黒駅不動前駅
昼総合点★★★☆☆ 3.6

大井町 鼓堂 さり気なく各テーブルに花の活けてあるお蕎麦屋さんって素敵❣

こちらは天王洲にある『常喜房』を営む、
『本陣坊』出身のご主人が、
昨年大井町駅近くに2件目をオープンなさったとのことで、
ずっと気になっていたお店('◇')ゞ

f:id:zi0-saito:20200917202858j:plain

最寄りは大井町駅で、
徒歩3分ほどの恵まれた立地にありますが、
僕のところからですと、
渋谷駅発大井町駅行きの東急バスが便利で、
『仙台坂』停留所から、
5分と掛からない場所にお店はあります。

f:id:zi0-saito:20200917202917j:plain
暖簾を潜りましたのは平日お昼の12時ちょっと前。

f:id:zi0-saito:20200918014724j:plain
先客は2×1+1×1=3人でしたので、
給仕のお兄さんに、
店内中程の2人掛けテーブルへ案内されて腰を下ろし、

f:id:zi0-saito:20200917202952j:plain
お勧めの日本酒を問い合わせたところ、
わざわざ色々と目の前にボトルを並べて下さったので、
その中から良い記憶として残っていた、
千葉の『寒菊』をチョイス(^^♪

f:id:zi0-saito:20200917203039j:plain
このスイート&ビターなテイストは

f:id:zi0-saito:20200917203259j:plain
お通しの『生青海苔』と合わない筈もありませんが、

f:id:zi0-saito:20200917203345j:plain
せっかくなので、
簡単な”アテ”を一品位頼んでみようかな( *´艸`)

f:id:zi0-saito:20200917212443j:plain
お品書きにあった、
『みょうがと胡瓜をわさび味噌で』
を注文してみましたら、
”もろキューのみょうが添え”的な出で立ちで、
山葵を加えたもろみ味噌&生野菜は
間違いなく今の暑い時期に最高の”アテ”❣

f:id:zi0-saito:20200918022229j:plain
ふと気が付けば、各テーブル上に、
花を活けた花瓶がさり気なく置いてあるじゃないの!(゜o゜)
嬉しい心遣いだわね~(*^。^*)

f:id:zi0-saito:20200918023735j:plain
『田舎』が福井産で、

f:id:zi0-saito:20200918024437j:plain
『せいろ』が北海道産の”秋新”とあっては
『二色もり』を頼まない訳にはいきませんね( *´艸`)

f:id:zi0-saito:20200918024103j:plain
最初に運ばれた『せいろ』は
瑞々しくハリがあり、エッジの立った凛々しい佇まい(*''▽'')

鼻を寄せますと、
”新そば入荷”と謳うほどの香りは感じられませんでしたが、

f:id:zi0-saito:20200918024148j:plain
キリリ♪と〆られた蕎麦を口に含めば、
しなやかな歯応えと喉越しは実に爽やか(*´▽`*)

f:id:zi0-saito:20200918024246j:plain
続いて運ばれた『田舎』は
外皮の黒いホシも練り込んだグレー掛かった太打ちで、
香りは『せいろ』同様、それ程でもありませんが、
f:id:zi0-saito:20200918024311j:plain
モグモグと噛み締める作業は心地よく、
ミネラリーな余韻も充分愉しめる造りでした(*´▽`*)

f:id:zi0-saito:20200918024342j:plain
蕎麦湯は釜湯で、
バランスの良い辛汁を割って、薬味の葱を落として
美味しく〆させて頂きました(*´▽`*)

f:id:zi0-saito:20200918024359j:plain
食後に煎茶は嬉しい配慮よね~♡ホッコリ(*^。^*)

良い感じでこぢんまりした近所に欲しい一軒だわ~( *´艸`)

そば 鼓堂そば(蕎麦) / 大井町駅青物横丁駅鮫洲駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5

代田橋 まるやま 鴨脂で香り高く焼き上げた葱と香る二種せいろの饗宴❣

「香るお蕎麦を頂きたいな~❣」と思い立った時、
頭に浮かんでくるお店は幾つかあるけれど、
こちらの『まるやま』さんもその中の一軒ね(*´▽`*)
f:id:zi0-saito:20200916135735j:plain
最寄りは京王線代田橋駅
北口を出て北上し、甲州街道へ出たら左手の歩道橋を渡り、
新宿方面に1分ほど歩きますと左手にお店はあります。

f:id:zi0-saito:20200916140446j:plain
暖簾を潜りましたのは休日の昼営業、
口開け直後の11時45分過ぎ。
先客は2人×2=4人でしたので、花番さんに案内されて、
店内右奥の2人掛けテーブルに腰を下ろし、

f:id:zi0-saito:20200916135904j:plain
すかさず出して頂いた冷たい麦茶を啜ってホッと一息(*^。^*)

f:id:zi0-saito:20200916135924j:plain
お酒は滋賀の『七本槍』をハーフグラスで頂こうかな(*'▽')

f:id:zi0-saito:20200916140025j:plain
お通しは『鴨の燻製』か『季節野菜と小海老の冷製餡かけ』
とのことなので、後者をチョイス♪

f:id:zi0-saito:20200916140047j:plain
旨味のあるお出汁が絡んだ、さっぱりしたお野菜と、
芳醇で渋みのあるスッキリタイプの冷酒とのペアリングは
目の覚めるような味わい( *´艸`)

f:id:zi0-saito:20200916140206j:plain
”アテ”は何にしようかしらね~、
なんて一応お品書きを眺めたりしてみるけれど、
僕のこちらでの定番はもっぱら『焼き葱』!('◇')ゞ

f:id:zi0-saito:20200916140510j:plain
鴨の脂身と共に香り高く焼き上げた葱の香りったら、
どうしましょ( *´艸`)ヤバイヤバイ♪

 

f:id:zi0-saito:20200916140555j:plain
”鴨”と”葱”の相性の良さは今更論ずるまでもなく、
『鴨せいろ』が証明するところでもありますが、
その真価を発揮するのは”芳ばしく焼く”という、
確かな調理技術があってこそかと思います。

f:id:zi0-saito:20200916140734j:plain
そのまま焼きダレに塗しても、
粉山椒を振ってみても、

f:id:zi0-saito:20200917012930j:plain
大根卸しを載せたりしても、
こちらの『焼き葱』はどうしようもなくお酒がススムススム♪(;^_^A

f:id:zi0-saito:20200916140617j:plain
ということで、二杯目のグラスは『久保田千寿』(*'▽')
爽やかな果実香とキレの良さは
お醤油の利いた甘辛な味付けをリフレッシュ❣️

f:id:zi0-saito:20200916140752j:plain
『焼き葱』の残った”タレ”は
予め花番さんに「下げないでくださいね~♪」
と、断わりを入れて置き、
蕎麦の付けダレ用とそば湯用にキープ!('◇')ゞ

f:id:zi0-saito:20200916140857j:plain
今回の目的は”香るお蕎麦”なので、
『二種せいろ』で行ってみましょ♪(=゚ω゚)ノ

f:id:zi0-saito:20200916141040j:plain
『田舎』用には濃い目の辛汁が別に付いてきますが、
僕の場合、いつものように殆ど使いません(;^_^A

f:id:zi0-saito:20200916141119j:plain
『せいろ』は透き通るような色合いで、
瑞々しくハリがあり、丸抜きの甘皮も練り込んだ、
凛々しい細打ち。

対して『田舎』は同様に瑞々しくハリがあり、
やや太く黒みを帯びた野趣溢れる造り。

f:id:zi0-saito:20200916141139j:plain
鼻を寄せますと、穀物の香りがより際立つのは
『せいろ』の方で、しなやかな歯応えと喉ごしも申し分なし!

f:id:zi0-saito:20200916141202j:plain
『田舎』の方も決して香りが弱いわけではなく、
空気に触れる前のワインのような感覚。

噛むほどに穀物香とミネラルが立ち上がってくるという、
香りよりも”風味優位”タイプで、
噛み応えのある食感も実に心地良い♪

本日は福島県会津産のお蕎麦とのことでした。

f:id:zi0-saito:20200916141253j:plain
残しておいた『焼き葱のタレ』を付けて啜ると、
これまた格別な味わい(⋈◍>◡<◍)。✧♡

f:id:zi0-saito:20200916141342j:plain
そば湯は釜湯で、
薬味の葱を落として、辛汁を割ったり、
『焼き葱のタレ』を割ったりして、
とても美味しく〆させていただきました(*´▽`*)

f:id:zi0-saito:20200916141402j:plain
最後に『そばぼうろ』と
『そばかりんとう』をかじってホッコリ(^^♪

充実のひと時だったわ~(*´▽`*)

手打蕎麦 まるやまそば(蕎麦) / 代田橋駅笹塚駅明大前駅
昼総合点★★★★ 4.2

学芸大学 遊山 女将さんの丁寧な仕事ぶりを肴に昼から一献傾けたいわね('◇')ゞ

学芸大学は武蔵小山と並んで、
東急沿線の中でも僕が最も足繁く訪れる街(*'▽')

当然ながら駅から程近いコチラのお店のある通りを
通り抜けた回数は数知れず(;'∀')

今まで何故か訪れるタイミングを失っておりましたが、
開業は1996年といいますから、
目黒の『小菅』さんとほぼ同時期に始められたのね~(゜o゜)

コロナ禍以来、
繁盛店であるなしに拘らず、一部のお店を除けば、
一見でも入り易いお店が増えてきているようですので、
これを機に伺ってみようかな(^。^) 

最寄りは東急東横線学芸大学駅
東口を出て商店街を真っすぐ進み、
鷹番通りを右に折れますと、
1分ほど歩いた右手にお店はあります。
f:id:zi0-saito:20200915005641j:plain
”笑門”と入った”伊勢飾り”と生成り色の暖簾が目印の、
慎ましやかで質素な佇まい(*^。^*)

f:id:zi0-saito:20200915005831j:plain
週末午後の、
ピークタイムを外した2時ちょっと前に入店。

L字型カウンター席だけの店内は、
この時間になっても、ほぼ埋まっている状況でしたが、
丁度今しがた空いた席が、左の奥にあったようで、
女将さんの、「今拭きますね〜〜♪」
の掛け声と共に無事着席!ラッキー(^^♪

f:id:zi0-saito:20200915005933j:plain
「お酒は鶴齢の雪男しかないんですよ〜〜」
と、申し訳なさそうに告げられたけれど、
ちょうど大好きな新潟の銘柄なので、むしろ好都合❣️

f:id:zi0-saito:20200915010005j:plain
同時に頼んだ『揚げ納豆』を待つ間、
お通しの『枝豆』を頬張りながら、
暫し冷酒で愉しむ”しっぽり”タイム♪(*´▽`*)

f:id:zi0-saito:20200915010128j:plain
ははん♪
『揚げ納豆』というから、
”揚げた”納豆が出てくるのかと思っていたら、

”お揚げ”+”納豆”だったのね(;・∀・)
なるほど大豆由来のゴールデンコンビ❣

f:id:zi0-saito:20200916041248j:plain
大葉がまた心地よいアクセントになっていて、
お酒がどんどんススムススム♪(^^ゞ お代わり頂こうかな(=゚ω゚)ノ
涼やかで淡麗辛口な冷酒とのペアリングも言う事無し!(*'▽')

f:id:zi0-saito:20200915010230j:plain
天ぷらも頂きたかったけれど、
『揚げ納豆』が結構なボリュームでしたので、
お蕎麦は『せいろ』を一枚にしましょう♪( `ー´)ノ

辛味大根も山葵も、
注文が入ってから擦り卸すという丁寧な仕事ぶりは
カウンター越しに観ていて気持ちいいな~(*^▽^*)

f:id:zi0-saito:20200916022809j:plain
お蕎麦は瑞々しくハリがあり、エッジの立った綺麗な細打ち。
ん?鼻を寄せてみると、意外にも香りは淡い感じか~(;´・ω・)

f:id:zi0-saito:20200915010305j:plain
手繰り寄せて啜り上げれば、
しなやかな歯応えは申し分なく、喉越しも抜群❣
水切りも良く、
総合的には素晴らしい仕事をしていらっしゃるので、
使用する玄蕎麦次第で弾けるかもね~♪という印象(*^。^*)

f:id:zi0-saito:20200915010352j:plain
蕎麦は茨城産とのことなので、
秋の新蕎麦の時期に再訪してみたいな~(*´▽`*)

とか思いながら、そば湯で美味しく〆させて頂きました(^^♪

遊山そば(蕎麦) / 学芸大学駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5

新橋 おけい屋 ディープスポットで日本ワインを掘り下げ〼❣

おそらくフツ―の人なら『おけい屋』という屋号を聞いて、
「あ〜!オーナーさんがケイコさんかなんかで」
「皆から"オケイ"と呼ばれているんでしょ♪」
って思うに決まってるわよね〜〜(^ν^)

ところが~!!!
なんですよ( ̄▽ ̄;)

ご興味のある方は是非!実際に訪問してお尋ねください('◇')ゞ

最寄りは、と言いますか、目の前は新橋駅。
新橋駅前ビル1号館地下1階にお店はあります。

f:id:zi0-saito:20200913021143j:plain
暖簾を潜りましたのは平日夜の6時半。
先客はカウンター手前におひとりでしたので、
1番奥の壁際に腰を下ろし、

f:id:zi0-saito:20200913021313j:plain
グラスワインのお品書きから物色開始(^^♪

f:id:zi0-saito:20200913021415j:plain
好青年風なソムリエさんにちょいと相談して、
一杯目は”ヒトミワイナリー”さんの『パピヨン』に決定!

f:id:zi0-saito:20200913021545j:plain
爽やかドライで、程よい酸味とライトな泡が超セクシー♡
お通しの『えすかべっしゅ』ともナイスなペアリング❣

f:id:zi0-saito:20200913021942j:plain
目の前に貼られた短冊メニューを見ていると、
どれも美味しいそうで迷っちゃうな~(;・∀・)

”お初”な訪問ともなれば、”おけい屋名物!”と謳われた
『鶏レバーの生姜煮』は外せないでしょ!(=゚ω゚)ノ

f:id:zi0-saito:20200913022017j:plain
なんとまあ!(゜o゜)
魅力的に盛られたレバーと生姜の山♪

f:id:zi0-saito:20200913022137j:plain
甘みの乗ったコクのある味わいと、
ピンク色に低温調理されたレバーのねっとり感が、
とってもチャーミングでワインがススムススム(;^ω^)

f:id:zi0-saito:20200913022059j:plain
やっぱりココは”赤ワイン”でしょ!
と、次にお願いしたのは”五一わいん”さんの『シラー』。

うわぁぁぁぁぁぁぁ♬
ガツン!とミネラル感じるドライなシラーが、
ジンジャーなレバーと合いまくり❣

f:id:zi0-saito:20200913022224j:plain
あまりの美味しさに『シラー』は瞬殺で呑み干してしまい、
更なる標的は”北条ワイン”さんの『メルロー』へ(^^♪

うゎうゎ♪
これまた激ヤバ系のスーパー国産ワインですね(゚д゚)!
このワインを飲むためだけに、
こちらに毎日伺いたいと思ってしまうほど旨い❣

f:id:zi0-saito:20200913022533j:plain
さっぱりとした口に戻したいと、
薬味たっぷりな『サラダチキン』なども(*^。^*)

f:id:zi0-saito:20200913022950j:plain
僕の見立てが正しければ、
低温調理でジャストに火を通した鶏胸肉に
薬味と柚子胡椒を載せて頬張る!というスタイルで、
赤白どちらのワインともペアリングしやすい様に
仕上げてあるのかな(*´▽`*)

真向かいにアネックス風なテーブル席もあって、
フレンドリーなサービスも心地よく、
ディープなスポットにありながら、
女性独りでも来店しやすい貴重なお店であることは
間違いないようで、
日本酒に飽きた頃にまた寄せてもらうわね(*^▽^*)

おけい屋居酒屋 / 新橋駅汐留駅内幸町駅
夜総合点★★★☆☆ 3.6

五反田 蕎麦五反 "昼呑み歓迎"のお蕎麦屋さんは今や貴重な存在ね(^^♪

あらら♪
五反田にはよく来るけれど、桜田通りは交通量が多く、
ランニングや散歩コースには向かないので、
殆ど通りかかることもないことから、
駅西口から目と鼻の先であるにも拘らず、
この店の存在はつい最近まで気付かなかったな~(;^_^A
f:id:zi0-saito:20200911024635j:plain
外観も、一見目立ちそうで、
立ち並ぶビルの景観に溶け込んでしまっていて、
意外と地味に感じるのは僕の偏見かしら( ´艸`)

f:id:zi0-saito:20200911024707j:plain
なるほど~♪
立ち呑みスペースで”お得に”昼呑みも出来るんだね(*^▽^*)

f:id:zi0-saito:20200911024731j:plain
暖簾を潜りましたのは平日午後の1時半過ぎ。
店内は3割程の入りで、
迎えてくれた給仕のお姉さんに案内されて、

f:id:zi0-saito:20200911025300j:plain
右側中程の2人掛けテーブルに腰を下ろし、
すかさず出して下さった麦茶を啜ってホッと一息(^^♪

f:id:zi0-saito:20200911025424j:plain
ランチタイムでも
”蕎麦前”は冷たいものなら出来ると言うので、
”ちょい呑みモード”にしようかな('◇')ゞ

今日も暖かいけれど、千葉の『不動』があるなら、
久しぶりに熱燗スタートもいいかも(*'▽')

f:id:zi0-saito:20200911025458j:plain
乳酸の香り漂うチャーミングなお酒には

f:id:zi0-saito:20200911025757j:plain
『そば屋のポテトサラダ』を合わせてみよう!(*^。^*)

f:id:zi0-saito:20200911025541j:plain
あら、ステキ♡
炒った蕎麦の実と小葱の小口切りをあしらって(*''▽'')

f:id:zi0-saito:20200911025602j:plain
ははん♪
いぶりがっこ”が入ってるんだ~(゜o゜)
”香り良し””風味良し””食感良し”の一石三鳥を狙ったわね!(^^)!
炒った蕎麦の実も相当心地よいアクセント♡

へ~、これは他のお料理や天ぷらなども期待できるかも~、
と”お品書き”を改めて眺めてみますと、
お昼は『天ぷら盛り合わせとせいろ』が、
1,090円で愉しめるのね(*^▽^*)

”30食限定”の『十割そば』は売り切れという事なので、
こちらに決定かな(*^。^*)

f:id:zi0-saito:20200911030446j:plain
オーダー後、それほど待たされることもなく”一式”のご登場♪

f:id:zi0-saito:20200911030544j:plain
お蕎麦は瑞々しくエッジの立った造りで、
表面の向きを横に揃えたような盛り付けが特徴的。

f:id:zi0-saito:20200911030604j:plain
鼻を寄せれば、ほんのりと穀物の香りが感じられるけれど、
手繰り寄せて口に含みますと、多少もっさりとしていて、
風味・歯応え・喉越しはちょっぴりイメージダウン(;^ω^)

f:id:zi0-saito:20200911030810j:plain

『天ぷら盛り合わせ』に目を向けますと、
茄子、鱚、海苔、しし唐、南瓜、さつまいものどれもが、
サックサク~♪ で、海老はぷりっぷり~(^^♪

f:id:zi0-saito:20200911030701j:plain
そば湯はとろみを付けたタイプで、
バランスの良い辛汁を割り、薬味の葱を加えて、
美味しく〆させて頂きました(*^。^*)

”ランチ”でも”呑み”でも、気軽に利用できそうな雰囲気と、
スタッフの対応は好印象❣
またサクッと呑みで寄せて頂くわね~(=゚ω゚)ノ

蕎麦五反居酒屋 / 五反田駅大崎広小路駅大崎駅
昼総合点★★★☆☆ 3.4

芝公園 昌平 北海道雨竜町産の"新そば"で『十割せいろランチ』

芝公園は目黒林試の森公園有栖川宮記念公園に次いで
よく訪れる場所でありながら、
その芝公園から目と鼻の先にあるこちらのお店は
ずっと前から知っていたにも拘らず、
なんでだろう、寄ったことがなかったな~(;^_^A

と言うか、この辺で食事するという機会が、
今まで全く無かったような気がする(;^ω^)

年を取ると「歩かにゃいかん!」という思いに駆られ、
若い時以上に歩くようになるのが不思議で面白く、
そしてまた愉しい❣(*^。^*)

お陰様で、この様なお店とも
巡り合えるようになってくるのですよ(^^ゞ
f:id:zi0-saito:20200910034450j:plain
最寄りは都営三田線芝公園駅
A3から出て、アクアフィールドと保育園の間の小径を進み、
突き当たりを右に折れ、その又突き当たりを左に歩きますと、
程なく右手に『昌平』と屋号の入った暖簾が目に入ります。

その暖簾を潜りましたのは平日午後の1時半前。
入って右側中程の2人掛けテーブルの奥に腰を下ろし、
すかさず花番さんが出して下さった
麦茶を啜ってほっと一息(^^♪
f:id:zi0-saito:20200910034845j:plain
先客は無く、いきなり昭和の古民家風居酒屋へ
たった独りで迷い込んでしまった感覚にわくわくしてしまい、
クールダウンするのに暫し時間を要してしまったかも(;^_^A

f:id:zi0-saito:20200910034554j:plain
カウンター奥に、そうそうたる日本酒が並んでいましたが、
上擦った気持ちの整理がつかず、
久々の「とりあえず瓶ビール!」(;・∀・)

f:id:zi0-saito:20200910034636j:plain
椅子は新調したっぽいけれど、擦れてくたびれた感満載の
テーブルの表面はいい味出してるわね~( *´艸`)

f:id:zi0-saito:20200910035206j:plain
「新そば 十割せいろ 北海道雨竜町産」と貼り紙にあるので、
北海道の”新そば”を使って打ってらっしゃるようね。
『十割せいろ』は頼まない訳には行かないかな('◇')ゞ
f:id:zi0-saito:20200910035302j:plain
最近”ランチセットの食べ歩き”づいているので、
+300円の『御飯セット』にしてみましょ♪

f:id:zi0-saito:20200910035242j:plain
程なく、一式のご登場!

f:id:zi0-saito:20200910035327j:plain
お蕎麦は多少の不揃いはあるものの、
瑞々しくエッジが立ち、繋がりも悪くないかな(*'▽')
鼻を寄せれば、”新そば”としては物足りないけれど、
やんわりと穀物の香りなども(*^。^*)

f:id:zi0-saito:20200910035347j:plain
手繰り寄せて啜り上げますと、
しなやかな歯応えと爽やかな喉越しはGOOD♡
 惜しむらくは水切りが甘い分、風味の余韻が今ひとつ(^▽^;)

f:id:zi0-saito:20200910035427j:plain
”おかず”は”豚串カツ”と”鶏から揚げ”(*´ω`*)
蕎麦屋さんに限らず、天ぷら以外の揚げ物を食べることが
滅多にないので、かなり新鮮に楽しめちゃったわね♪( *´艸`)

f:id:zi0-saito:20200910035455j:plain
蕎麦湯はちょいと粉を加えた感じかしら(・・?
お出汁優位で上質な鰹節の風味を感じる辛汁を割り、
薬味の葱を落として、
とーっても美味しく〆させて頂きました(*´▽`*)

昌平そば(蕎麦) / 芝公園駅大門駅浜松町駅
昼総合点★★★☆☆ 3.6